用途に合わせて選ぶ脱毛器

家庭用脱毛器、ここ数年で本当に進化しましたよね。ビリヤード01

 

そしてその脱毛方法も様々です。表面の毛を抜くタイプ、これは即効性があるのでプールに急にいくことになった、明日彼とのデートが急に決まったという時にとても効果的です。ただデメリットとしては表面の毛を剃るだけなのですぐに生えてきてしまうという事です。

 

次は毛根から抜いてしまうタイプの脱毛器です。

 

毛根から抜いてしまうので表面の毛を抜くものよりも生えてくる周期は少し長くなるのですが、しかし何と言っても痛いのが玉にきずです。お風呂で温めてから使えば痛みが和らぐという脱毛器もありますが、デメリットとしては使用感が痛いという事があげられるでしょう。痛いのでデリケートゾーンや皮膚が柔らかい部分に使うと余計に痛みを感じることがあるので向いていないです。最後にレーザータイプです。これは現在脱毛サロンで利用されているのと同じタイプです。レーザーを利用することによって毛根にダメージを与えて毛を生えにくくするというものです。

 

このレーザーは特殊レーザーで黒いものにだけ反射するというものが殆どなので肌を痛める心配は少ないです。

 

しかし即効性はありません。

 

毛根に打撃を与えて生えにくくするという効果を狙っているので計画的に利用する必要があるでしょう。

 

そして家庭用脱毛器の中でも10万円前後の値段がするのでお値段が高いという事もデメリットとしてあげられます。

 

家庭用脱毛器にはそれぞれメリットでメリットがありますのでご自分にあった用途にあったものを利用することがとても大切なのです。