永久脱毛で受けるダメージ

無駄毛を気にして脱毛したいと考えたとき、まず2つの選択肢があります。

それは一時的な脱毛と永久脱毛です。一時的な脱毛というのは次の毛が生えるまで表面上の毛を剃ったり抜いたり脱毛クリームなどを使用して見た目の毛をなくすことで、実際の毛が生えてくる毛根は生きています。ビリヤード03

 

しかし永久脱毛というのは毛が生えてこないよう、お肌の奥にある毛根自体を破壊するということです。

 

さらに永久脱毛となると医療行為になるので病院での施術しか認められていません。ですから、脱毛と簡単にいっても、医師の行う施術なので手術という医療行為になるのです。

 

さらに1回手術をしたら2度と毛が生えてこないというわけではなく、毛の生え換わる周期やサイクル、毛自体の生命力など人それぞれ違うので効果も人それぞれなのです。一時的な脱毛をしても永久脱毛をしてもお肌や体に対する負担は多かれ少なかれあります。

 

どちらにしてもしっかりとアフターケアをしていても、やはりトラブルを起こさないとは言い切れないのです。

 

それでも一時的な脱毛と違って、永久脱毛といわれる脱毛はその効果が高く、昔と違って痛みも軽減されているので無駄毛で悩んでいる人たちには圧倒的な人気があります。

 

ただ、そうした施術後のトラブルは非常に多く、手術をしたという認識を持って行動することが大切です。

 

脱毛をしたお肌は自分が思っているよりもダメージを受けているので、色素沈着、シミなどを作りたくないのであれば、自分でできる全てのアフターケアをし、万全を期することが大切です。

コメントは受け付けていません。