脱毛の種類について

脱毛の種類として、自宅でできる自己処理法とエステテッィクサロンで行われる脱毛の方法にどんなものがあるのか、分けてみましょう。

 

まず、自己処理法としては、一番お手軽な、カミソリによる処理です。簡単にできますが、こまめに処理を行わないといけません。また、毛抜き処理ですが、1本1本丁寧に抜いていくので、時間もかかり、慣れないと痛みを感じます。脱毛テープは、テープを張って、一気にはがし取るものですが、これも慣れないと痛みを伴いますし、皮膚にダメージも与えることもあります。

ローラーブレード01

脱毛ワックス、クリーム類は、市販数もかなり多く、使われる方も多いです。使用方法も簡単ですし、洗い流せたりと、痛みは殆どないものが多いですが、臭いがきつかったり、成分をよく見て、取り扱いにも注意が必要です。自分の肌に合ったものを十分に選ぶ必要があります。このように、自宅で、自己処理する方法は、どれも一時的に表面の毛を見えなくする方法と言っていいほどであって、いつも綺麗でいようと思うのなら、こまめにチェック、まめに処理を行う必要があります。

 

 

ただ、エステに行って行うより、当然、お金もかからず出来るでしょう。では、次に、エステやクリニックで行われる脱毛の種類を説明しますが、レーザー脱毛、電気脱毛(電気針脱毛)光脱毛などがあります。レーザー脱毛は、メラニン色素だけの熱を与え、内部から脱毛する方法です。中には、電気脱毛とあわせて行う場合もあります。

 

電気脱毛は、高周波、低周波の電流を毛根と毛乳頭に流し、1本1本焼く処理法です。

 

光脱毛は、IPL脱毛、フラッシュ脱毛、プラズマライト脱毛、コスモライト脱毛などがあり、使用される光の種類によって名づけられており、原理的には同じで、光を毛や毛根辺りのメラニンに働きかける方法です。

コメントは受け付けていません。