脱毛法の比較

脱毛の方法や種類は多様化しています。

 

脱毛の方法は医療行為として位置付けられているものやエステティックサロンで脱毛の施術を受ける方法、また、自己処理による脱毛の方法などが挙げられます。

 

まず、医療行為とされている脱毛方法として、高出力のレーザーによる熱エネルギーにより毛根を破壊する医療的レーザー脱毛があり、痛みも少なく短時間で多くの毛を処理できます。更に、電気脱毛も医療行為に位置づけられています。

ボクシング

 

毛穴に針を差し込み、針を通して電気な同を流して、毛根組織を破壊する脱毛方法です。絶縁針を使用し、皮膚内に電流を流し、痛みの少ない絶縁脱毛の他、電気、電流の方法により高周波法、流電法、ブレンド法など様々あります。

 

 

これらの医療行為は医師の常駐しないエステティックサロンでの施術は違法行為となります。

 

エステティックサロンで行う施術の方法では、光脱毛があります。

 

レーザー脱毛の仕組みとほとんど変わりありませんが、出力は低く痛みも少なく行える脱毛方法となります。

 

自己処理の脱毛方法では、脱毛クリーム、毛抜き、ワックス脱毛、テープ脱毛、家庭用の脱毛器等があります。

 

自己処理の方法は、医療機関・エステティックサロンによる施術に比べると、料金はかなり割安で自分のペースで手軽に行える魅力もありますが、プロの施術に比べ、背中等見えづらい部分の処理が難しくムラになることも多く、脱毛後に炎症を起こしたり、色素沈着などの肌トラブルにもなりやすくなります。

コメントは受け付けていません。